ベッドだけのお引越し

母の退院で我が家にベッドが必要に

 

もう5年も前のことですが、

 

実家の母が腰を痛めて我が家の近くに入院したことがありました。

 

 

手術も成功し目出度く退院しましたが、

 

しばらく通院しないといけなくなり、

 

我が家で一ヶ月ほど面倒をみました。

 

 

その時に、必要だったのが母用のベッドです。

 

 

 

腰の悪い母にとって寝床はベッドでないと困ります。

 

介護用のレンタルベッドを利用する手もありましたが、

 

費用もそれなりにかかるし、これからちょくちょく泊まりに来るかもしれないので、

 

ベッドの購入を考えました。

 

 

その時に、思い出したのが実家で余っていたシングルベッドです。

 

スポンサーリンク

 

「引越し一括見積り」でベッドの引っ越しを見積もる

 

マットレスは10年くらい前に10万円位で買った物、捨てるには勿体なく実家で来客用として置かれていました。

 

滅多に来客もないので、そのベッドを我が家に持ってくれば一件落着だというという話になり、移動することに。

 

 

しかし、いったい誰が、あの重いベッドを?

 

 

ベッドフレームは分解できるので運べそうですが、長さが2メートルくらいあるので、軽トラを借りても荷台に乗るのか?

 

マットレスは大人の男性2人いないと運べないんじゃないか?

 

などなど考えていたら、大変だねーってことになり、

 

そうだ!引越し業者にお願いしてみようって話になりました。

 

 

電話で問い合わせている時間もなかったので、

 

引越し一括見積りの「ズバット引越し比較」を利用しました。

 

 

そうして、メールに連絡があったのが、

 

サカイ引越センター」と「ハート引越センター」。

 

 

どちらも見積金額は同じような感じでした。

 

で、その時は利用したことのない「サカイ引越センター」にお願いしました。

 

スポンサーリンク

 

サカイ引越センターでベッドの引っ越しをしました

 

当日は2名の作業員さんが来て、フレームの分解とマットレスが汚れないように梱包して、我が家へ移動。

 

サカイ引越センターさんは、丁寧に運んで組み立てて設置してくれました。

 

 

費用は12,000円だったと思います。(5年前の金額です。)

 

 

 

母の看病や仕事、そして家事に追われていた私にとって、この12,000円は安く感じました。

 

親戚の人に頼んだら、予定を合わせるのも大変だし、タダでって訳にもいきませんから。

 

それに怪我をさせたらどうしようなどと言う心配も要りませんし。

 

 

時間をお金に変えるという発想をしたら、物事がスムーズに運ぶことがありますね。

 

(2016年10月25日記)

スポンサーリンク