引越し費用を安くする方法

引越し費用を安くする方法

引っ越し費用を安くするには?
安くするには技があるんです。
ここでは引越し費用を安くする
12の技
を紹介しています。

引っ越し業者との見積もり前にチェックして、
少しでもお得に引越してください!

 

1.引っ越し業者を選ぶ前に、荷物の把握をして、不用な物は処分する。

 

2.引越し日は、繁忙期(3月から4月上旬)を避けて、費用を安くする。

  • 繁忙期は引越し料金設定が高くなります。
  • 繁忙期は人手もトラックも減るので、自分の希望になかなか合わせられません。
  • 繁忙期は作業スタッフにアルバイトが多いので質が落ちるかもしれません。
  • 繁忙期は役所もリサイクルショップも混むので、手続きに時間掛かかります。

 

3.引越し日を平日にして費用を安くする。

  • 皆が引越ししたい土日祝は引っ越し料金が高く設定されています。

 

4.大安などの吉日にこだわらない。

  • 大安も人気のある日です。人気日は避けましょう。

 

5.皆が引越ししたい時間帯を避ける。

  • 引っ越し費用は時間帯でも変わってきます。人気の昼間は避けて、夕方などを選ぶ。
  • 特に午前中の時間指定をすると、料金加算される場合があります。

 

6.引越し業者の空いている日時に合わせる「フリー便」を使ってみよう。

  • 業者の空き時間に合わせ、引越し費用を安くしてもらうのです。

 

 

7.長距離引越しの場合、「混載便」を利用してみる。

  • 「混載便」は同じ地域・方面人へ引越しする他の方の荷物と一緒に輸送する方法です。一緒に運ぶことで人件費・燃料費・高速代が割り勘になり、金額が平均的に1/2から1/4安くなると言われています。

 

8.長距離引越しの場合、「帰り便」を利用してみる。

  • 引越し先から帰ってくるトラックには荷がないので、その空いたトラックに現地で荷を積込んで帰る便の事を「帰り便」といいます。人件費・燃料費の無駄を防ぐことができるので引っ越し料金を抑えることができます。

 

9.荷物が少なく近距離への引越しならば、「チャーター便」がおすすめ。

  • 「チャーター便」とは、トラックとドライバーさんだけの、物の輸送だけを請け負うサービスです。荷物の搬出入は自分達でするので、その分引越し費用を安く抑えられます。

 

10.自分で出来ることは自分でする。

  • 荷物の梱包は業者に頼まない。
  • 引越し先が近ければ、自分で運べるものは自分で運ぶ。

 

11.引越し業者を選ぶ時は、数社から見積りをとって比較する。

  • 比較することで引越し費用を安くすることができます。

 

12.数社から見積りを取る方法としては、「一括見積りサイト」を利用する。

  • 個人で業者探しをすると、業者を選ぶ時間が勿体無い。
  • 個人で業者探しをすると、見積り依頼の連絡など手間や時間が勿体無い。
  • サイトを利用するとプレゼント(ピザや寿司など)がもらえてお得。
  • サイトには引っ越しのコツや業者さんの情報も載っていて、参考になることが多い。

自分に合った引越し業者を探すには比較することが大切です

 

複数の業者から見積りをとって比較しましょう。

見積り比較には、一括見積もりサイトが最適です。
一括見積りは全て無料です。
1分で費用や業者がわかります。

 

 

スポンサーリンク