女性専用の引っ越しプラン

女性(レディース)専用の引っ越しプラン

 

女性だけの引っ越しを
安心して任せられる引越し業者があったらいいな、

 

と思う人は多いのではないでしょうか。

 

特に娘さんをお持ちの親御さんは
一人暮らしの引っ越しは心配だと思います。

 

安心できる引越しの参考になればと、
女性限定の引越しプランを持っている業者を探してみました。

 

アート引越センター(全国展開)

 

 

【アートのレディースパック】
  引越当日の搬送作業は全て女性スタッフが担当します。
  一人暮らしの女性も安心して利用できるプランです。
  ※重い家財道具の場合は例外もあります。
  ※一部地域では準備中です。

ライフポーター(関東圏)

 

 

女性限定コミコミパック
  スタッフは「正社員または身元保証されたスタッフ」が対応します。
  不慣れな短期アルバイトは採用していません。
  女性の方のために
   ・TV、DVD等のAV配線、洗濯機、冷蔵庫のつなぎもお任せ。
   ・荷物積み込み後の10分間と、引越後の5分間の計15分間のお掃除付きです。

 

  【女性限定 15,750円〜】
   スタッフ1人、1トントラックの引越です。
   段ボール20箱まで、ガムテープ無料サービス。

 

  【女性限定 スタッフプラス(助手1人付) 31,500円〜】
   2トントラックでの引越でスタッフは2名です。 
   段ボール20箱まで、ガムテープ無料サービス。

 

  【女性限定 トップクラス(助手1人付、2トンロング車) 39,900円〜】
   2トンロング車なので積み残りの心配がありません。荷物の多い方用。 
   段ボール20箱まで、ガムテープ無料サービス。

 

   ※価格は同区、同市内の基本料金です。

シルバーバックス引越センター(京都・大阪)

 

 

【おひとりさまプラン】
  女性限定の安心プランです。
  女性スタッフが1名付いているので安心して引越せます。

おかだ引越センター(関東)

 

【レディース安心プラン】
  土・日・祭日の割り増しがありません。午前・午後の料金格差もありません。
  電化製品・家具の配置や配線、不要物の破棄やスタッフの対応等、様々な心配に配慮します。
  各種保険にも加入しているので、万一の場合も安心です。

メリー引越サービス(東京・神奈川)

 

 

 女性の引越依頼はクチコミ紹介やリピーターさんが多いです。
 女性の苦手な配線接続や家具の設置は全てスタッフが対応します。

【盗聴器発見のサービス(有料)がある引越し業者】
引越し業者の中には盗聴器の発見をオプションで行っている業者もあります。

  • サカイ引越センター(全国展開)
  • ZERO⇒1引越センター(関東・関西)
  • 引越のジュンムービング(関東)
  • スタームービング(関東・大阪)

レディースプランを引越し一括見積りサイトで探してみよう♪

 

短時間で費用や業者がわかります。

紹介実績の多い「一括見積サイト」なら
安心して業者選びができます。
一括見積りは全て無料です。

一人暮らしの女性の引っ越しで注意したいこと

女性が一人暮らしをする場合、注意しておいたほうが良いことが色々あります。

  • 部屋を選ぶ際には必ず物件を見せてもらう。
  • 物件を見る際には、ゴミ置き場が散らかってないか、共用部分が汚くないか、またポストにチラシがたまってないか等を確認する。(管理が行き届いているかが分かります。)
  • 女性専用の物件を選ぶ。
  • 入居先は治安の良い場所を選ぶ。
  • 入居先はできればオートロックの物件を選ぶ。
  • 入居先の部屋の鍵を変えられないか、不動産屋さんか大家さんに確認してみる。
  • 前の住人がどんな人だったか不動産屋さんや大家さんに尋ねる。
  • できればドアには鍵を二つ付ける。(付けていいかは不動産屋さんや大家さんに確認)
  • 表札はフルネームで書かない。苗字だけにする。
  • 女性をイメージさせるような柄のカーテンをつけない。
  • 引っ越しの挨拶は、入居先にもよると思うので、不動産屋さんに確認してみる。(引っ越しの挨拶をすることによって、女性の一人暮らしをわざわざ教えなくてもいいという考えもあります。)
  • 短時間の外出(ゴミだし)でも鍵をかける。
  • 外出時は必ず窓の施錠も忘れずに。
  • 窓を開けて寝ない。
  • 洗濯物はできるだけ外に干さない。干す場合は男物をカモフラージュで干しておく。
  • 帰宅時にドアを開ける際は周りに注意して開ける。
  • 帰宅時にドアを開ける際に、「ただいま」を言って同居人がいると思わせる。
  • ドアのチャイムが鳴ったら必ずドアスコープで相手を確認し、相手の要件が分かるまでチェーンを外さない。

などなど、少し面倒だなと思うかもしれませんが、用心に越したことはありませんので参考にしてください。

 

スポンサーリンク